コンビ肌着の特徴

大人と違って赤ちゃんが着る肌着については種類も豊富にあるので、どのタイプを着せたらいいのか迷ってしまいがちです。短肌着や長肌着といったように、実際にいろんな種類があります。赤ちゃんは生後3か月を超えてくると足をバタバタと元気に動かすようになります。そのためそれまで着せていた短肌着や長肌着などは足を動かしにくくなってしまいます。そのため3か月を超えたあたりで着せたいのがコンビ肌着です。

コンビ肌着コンビ肌着の特徴として、裾が外に向かって広がった状態になっている点が挙げられます。3か月を超えた赤ちゃんはカエルのような動きをして足をバタバタさせることがありますが、このような動きをしてもはだけにくくなっており、スナップ留めがついています。また長肌着と同じように、裾が長くなっています。赤ちゃんが活発になっている状態でもしっかりと肌を保護した状態になっているので、赤ちゃんが寒く感じたりしないように出来ている点が安心です。コンビ肌着は素材によっていろんな商品が販売されており、寒い時期には暖かい素材のものを、また暑い時期には涼しい素材のものが使用されています。そのためどの季節でも快適に着ることができます。さらにデザインも今ではいろんなタイプがあり、単一的になってないのも最近の特徴といえるでしょう。

About the author

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30