コンビ肌着の選び方

新生児用肌着の中でも3か月以上を超えた活発な時期に入った赤ちゃんにピッタリなのがコンビ肌着です。赤ちゃんの活発な動きにも負けないような作りになっているので、常に赤ちゃんを外部からの刺激から保護してくれます。コンビ肌着はいろんな種類が販売されているのですが、3か月を超えた時期にコンビ肌着を購入しようと思ってもどの商品にしたらいいのか迷ってしまうものです。

コンビ肌着コンビ肌着を着用する時期が秋から冬に向かっているときには、厚手のタイプを選択したほうがいいでしょう。赤ちゃんは大人よりも小さいのに汗腺は同じ量程度あるため大人よりも汗や皮脂の分泌が高くなっています。そのため厚手だけでいいわけではなく、吸汗性や通気性の点で配慮されているタイプを購入したほうがいいでしょう。また肌が特に敏感な赤ちゃんの場合には、縫い目が平縫いや外縫いされているタイプだと肌への刺激にならず安心です。またより敏感肌の赤ちゃんについては、パッチテストが行われた素材を使用したコンビ肌着などを選択すると、肌への負担にならず安心です。赤ちゃんが3か月を超える時期が春から夏にかけてという場合には、薄手で特に吸汗性に優れたタイプを選ぶと赤ちゃんも快適に過ごすことができます。

コンビ肌着の特徴

大人と違って赤ちゃんが着る肌着については種類も豊富にあるので、どのタイプを着せたらいいのか迷ってしまいがちです。短肌着や長肌着といったように、実際にいろんな種類があります。赤ちゃんは生後3か月を超えてくると足をバタバタと元気に動かすようになります。そのためそれまで着せていた短肌着や長肌着などは足を動かしにくくなってしまいます。そのため3か月を超えたあたりで着せたいのがコンビ肌着です。

コンビ肌着コンビ肌着の特徴として、裾が外に向かって広がった状態になっている点が挙げられます。3か月を超えた赤ちゃんはカエルのような動きをして足をバタバタさせることがありますが、このような動きをしてもはだけにくくなっており、スナップ留めがついています。また長肌着と同じように、裾が長くなっています。赤ちゃんが活発になっている状態でもしっかりと肌を保護した状態になっているので、赤ちゃんが寒く感じたりしないように出来ている点が安心です。コンビ肌着は素材によっていろんな商品が販売されており、寒い時期には暖かい素材のものを、また暑い時期には涼しい素材のものが使用されています。そのためどの季節でも快適に着ることができます。さらにデザインも今ではいろんなタイプがあり、単一的になってないのも最近の特徴といえるでしょう。

コンビの新生児肌着

赤ちゃんのデリケートな肌を守るための新生児肌着ですが、いろんなタイプが登場してきています。短肌着や長肌着などもありますが、それ以外にコンビ肌着という種類の新生児肌着も登場しています。赤ちゃんは生後3か月を超えてくると徐々に足をバタバタさせるなど活発に動くようになってきます。活発に動くときにすぐに裾がはだけてしまうようなタイプの肌着は不向きになってしまいます。赤ちゃんは大人よりも小さいのですが、汗腺の量は大人と同程度となっています。新陳代謝が大人以上に活発で汗や皮脂を多く出してしまう赤ちゃんには適した新生児肌着を身に着けさせないといけません。生後3か月を超えた赤ちゃんにはコンビ肌着がピッタリです。コンビ肌着は活発に動いてもそれに対応できる肌着なのです。

コンビ肌着コンビ肌着の特徴として、裾が外に向かっており、バタバタと足を動かしても大丈夫なようになっています。またこの肌着は1種類だけ販売されているのではなく、季節の変化に応じて素材も異なっています。またデザインもそれぞれ違いますし、よりデリケートな肌の赤ちゃん向けの素材で作られた商品も登場してきています。

ベビー服新生児肌着は一般的には通販サイトや地域にあるベビー用品を取り扱っているお店に行けば購入できます。最近ではその傾向も徐々に変化してきています。このサイトでは新生児肌着の中でも生後3か月を超えた赤ちゃん向けのコンビ肌着について説明をしています。赤ちゃんのいるご家庭の方は是非参考にしてみてください。

2018年2月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728